2021.03.29

treck- 捨てられていたはずの物を大切な物に-

Information

生地のリユースブランド「treck 」について

treckは捨てられるはずだった生地をリユース=再利用して服を作るブランドです

treck(トレック) は、品質の良い生地(treasure)余っていた(stock)でつくられています。

treasure(宝) × stock(在庫)=treck

様々な理由で余ってしまった生地から服を作ることにより廃棄物の削減、
二酸化炭素の排出を減らし、今ある資源を守るファッションとエコの共存ブランドです。

最終的に捨てられる生地がなくなる事によって
treck というブランドを無くすことが私達の最終目標です

ロゴコンセプト

なぜtreck という生地をリユースするブランドが生まれたのか

・衣料の廃棄量
日本の衣料廃棄は年間100万トンと言われており、この数字は着数にすると33億着になります。
それ以外にも衣料になる前に廃棄処分になってしまう生地もあります

・何故、生地が余ってしまうのか
今の衣料業界は消費者のニーズに応える為、短い期間で生産して販売するという流れにあります。
短い期間で生産できるなら原材料が余らないと考えますが、先に生地を見込みで大量に用意しています。
用意しておいた生地も市場の消費が悪ければ服になることなく余ってしまいます。

・余った生地はどうなるのか
一定の期間は倉庫で保管されますが衣料にもトレンドがあるように生地にもトレンドがあり、
特に色の問題があります。流行色が毎年変化している為必要とされなくなってしまう生地が
出てしまいます。また、保管するにも費用がかかる事と限りあるスペースの中で使用予定の
ない生地を置いておくことが出来ずシーズン後に廃棄処分になってしまいます。


・リユースで今ある資源を守ろう
廃棄処分で焼却することにより排出される二酸化炭素が増え続けると地球温暖化が進行し、それに伴い
異常気象の発生や地域の気候特性の変化、海水面の上昇、生態系の変化など、様々な悪影響をも
たらします。また、1枚のTシャツを作るのに2,700リットルの水を使用します。
綿花の大量栽培する為と、原材料に色を付けるのに水を大量に使い、使い終わった水は化学物質
が入った汚水となり地球に戻されています。廃棄せずリユースするだけで二酸化炭素の排出を
減らし、水も汚さないという事に結びつきファッションとエコ(環境保全)の共存という新しい
サスティナビリティーになります。
日本の衣料廃棄は年間100万トンと言われており、この数字は着数にすると33億着になります。
それ以外にも衣料になる前に廃棄処分になってしまう生地もあります。

展開ブランド

Ttreck Tシャツシリーズ

USA コットンを採用した綿100%のシンプルなTシャツシリーズです。上質な綿がもたらす柔らかくしなやかな肌触り。通気性が良く、吸湿性、保湿性に優れており1年を通して快適な着心地が得られます。そんなベーシックの定番をもっとエコに提供することができないか︖と私たちは考え、今回生まれたのが「T-treck」という商品です。

半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・キッズTシャツがあります。 

Related Post
Related category post

2020.10.26

treckのECサイトがオープンしました。 treck.theshop.jp オリジナルプリントTを作ることもできますので別途ご相談も承ります。 treck@onestep...

2020.04.30

代表の瀧澤が一般社団法人の繊維育英会の代表理事に就任しました。 http://seni-ikuei.org/ ...

2018.03.29

オフィス前の通り、桜満開!、、、すでに散り始めております。まだ3月です。 が、今年ももう一年の 1/4 が終わります。早っ。 ...

2018.01.10

2018年もよろしくお願い致します!...

2017.10.23

GROUP EXHIBITION  “ELEMENTS" アクセサリー、バッグ、雑貨等を中心とした若手ブランドの合同展示会が 2017/10/18(wed) ~ 10/21(sat) に開催されま...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。